人と仕事を知る

商品が届くまで

ヨックモックの仕事は全て“お客様”が起点。
営業、企画・・・それぞれの職種を追いかけながら、実際に1つの商品が企画・開発され、
売場でお客様の元に届くまでの流れを紹介します。

それぞれの「Create」

ヨックモックはいま、まさに新しい時代へと歩みを進めています。
変貌を遂げつつあるヨックモックで、社員たちはどんな想いを抱きながら仕事に取り組んでいるのでしょうか。
それぞれの分野で奮闘する若手社員の活躍をご紹介します。

職種紹介

ヨックモックグループの経営理念「世界に目を向けた企業を確立し、最高級の顧客満足を提供し、業界のリーディングカンパニーとなると共に、社員の健全な生活を築き上げる」。
これを実現するため、社員それぞれが様々な職種でその役割を担います。
総合職の配属職種は固定ではなく、ジョブローテーションにより多岐にわたるフィールドで自分の力を発揮していきます。

営業

写真

写真

百貨店を中心とする取引先をエリア別に担当し、売場と本社をつなぐ役割を担う。売場と密なコミュニケーションを取ることで顧客ニーズを把握し、売上アップのための営業施策を立案・実行。また、各商品に最適な販売手法を考案し、売場をフォローすることで、より質の高いサービスの実現を目指す。 → それぞれの「Create」へ

営業企画

写真

写真

現状の展開における、各ブランドのブランディングとマーケティングを担当。営業が発案する施策を、マーケティングの視点で取りまとめ、新商品・新規施策として具現化する。また、営業の発案施策以外にも、ブランディングを統括する上で必要・効果的な施策を社内に発信。 → それぞれの「Create」へ

販売

写真

写真

お客様に喜びと感動を差し上げられる接客を行うだけでなく、働きやすい売場づくりや売上管理などの店舗のマネジメントを担当。また、お客様の声から現在のニーズを捉え、社内に提案することで更なるサービスの向上を目指す。 → それぞれの「Create」へ

商品開発

写真

写真

新商品のアイディアを形にする仕事。企画部門とイメージをすり合わせながら、試作を重ねて配合やレシピを組み立てていく。原材料の検討から、大量生産を行う工場の製造ラインにのせるまでの全プロセスにかかわる。 → それぞれの「Create」へ

すべて見る

内定者の声

総合職

2018年度入社予定の内定者に、ヨックモックへの想いと就職活動について聞いてみました。
内定者たちがどんな想いで活動し、どんなことを経験したのか。
ヨックモックに入社を決めた最大の理由は何だったのか。
みなさんへのアドバイスは?など、ためになる話がいっぱいです。ぜひ参考にしてください。

Q. ヨックモックの選考を振り返って。

説明会の社長の話を聞いて、ここで働きたいと思った
最も志望度が高まったのは、説明会での社長のお話でした。それまでも、社員の皆さんが仕事に対して熱い想いを持っていて、かっこいいなという印象を持っていたのですが、社長が熱く会社の未来についてお話しているのを聞いて、社長がこの熱さで社員と接しているからなのかなと感じました。そして、私もこの会社で一生懸命頑張ってみたいと思いました。

人との関わりを大切にしている会社だと感じた
選考はとても和やかな雰囲気だったので、自分のことや意見を伝えやすかったです。また、選考通過のお電話では、毎回自分のどのような部分を評価してくださったかなどのフィードバックをいただいたことが印象的でした。そうした人との関わりを大切にしている部分を知り、志望度が高まっていきました。

Q. ヨックモックへの入社の決め手は?

成長できる環境に惹かれた
説明会の時に先輩社員の仕事紹介の動画を見て、自分もこうなりたい!と感じる、自分が憧れるような先輩がいたことや、説明会や選考で会う社員のみなさんが優しくて、この会社の一員として働きたいと感じたことで、志望度が上がっていきました。そして、選考が進み会社を知っていくにつれて、自分がこの会社で成長できるのではと思えたことが入社の決め手になりました。

少数精鋭であること、積極的な姿勢に魅力を感じた
1つ目は少数精鋭であることです。社長や社員の方の発言から、一人ひとりの役割が広く、会社の中で自分の存在感を発揮できると感じました。2つ目は挑戦に積極的な点です。ロングセラーに甘んじることなく、新規ブランドや新規チャネルの展開といった多くの人にお菓子を届ける挑戦を続けている点が魅力的でした。また、ブランドごとにコンセプトやターゲットが異なることや、販売店舗それぞれ特徴があり型にはまらない姿勢から、今後挑戦できる幅も広いように感じました。

Q. 入社後に挑戦したいことは?

リーダーシップを発揮して多くの方を笑顔に
自分からリーダーシップをとり、自分の考えた企画を実行してみたいです!自分の考えたことでたくさんの人の喜んでいる姿や笑顔を見ることが夢でもあり、目標でもあります。

世界中にヨックモックを広めたい
海外へのシェアをもっと広げていきたいです。ヨックモックのお菓子は人を笑顔にする力があると思っています。その笑顔を世界に広げていくために、海外事業に携わって、世界中にヨックモックを広げていきたいです。

人と人を繋ぐ仕事がしたい
大学時代には多文化交流に注力しました。その中で、どの国でもお菓子は人々に愛されていて笑顔を作り、良好なコミュニケーションのきっかけになることを実感しました。私が携わったお菓子が誰かと誰かのコミュニケーションのきっかけになってほしいと考えています。

Q. これまでの人生において力を入れて取り組んだことは?

周囲を巻き込み、団結力を高めて成果を出した
よさこいサークルでの経験です。私は幹部を務めていましたが、知識や技術の不足、さらには目標達成に不可欠なチームの団結力が足りていないことが問題でした。その改善のため、私は幹部中心ではなく、チーム全員での演舞作りを提案し、その実現のために先輩後輩関係なくアドバイスを聞いて回り、意見を集め、練習中に全員に伝える取り組みを毎回続けました。また、練習中に個人から全体に向け意見を伝える場も設けました。その結果、メンバー各自がチームの課題を把握し、その課題をチーム全員で協力して解決していくことができ、演舞の質と団結力を高めることに成功しました。目標の大会でもサークル初の決勝進出に加え、準大賞という成績を残せました。この経験を通して、周りを巻き込み人と協力することが何かを成し遂げるには必要不可欠であると学びました。

講師リーダーとして生徒・保護者のニーズを捉え、過去最高の合格率を達成
個別指導塾のアルバイトでの講師リーダーの経験です。講師リーダーの仕事として、受験生の夏期・冬期講習のプラン表の作成があります。塾が開校して日が浅く、私が講師リーダーという役割を校舎で初めて任されたので不安もありましたが、生徒一人ひとりにより良い授業を提供したいと強く思い、私から教室長にお願いをして、生徒と保護者向けのアンケートを作成しました。生徒向けのアンケートは「苦手な教科・単元」、保護者向けのアンケートは「個別指導塾を選んだ理由、個別指導塾に求めること」といった内容です。また、他の講師の方々と生徒に関する情報を共有し、休み時間には積極的に生徒とコミュニケーションを取りました。それらから得た、生徒の個性や情報を分析し、生徒ごとのニーズに合ったプラン表を完成させました。このプラン表と講師一丸となった指導の甲斐もあって、塾が開校してから過去最高の第一志望合格率(37名中31名第一志望合格)を出すことができました。

Q. 就職活動において心がけていたこと、やっておけばよかったことは?

時に仲間と気分転換しながら取り組んだ
就活は短期決戦、などといわれることもありますが、実際に体験してみると思っている以上に長く、そして精神的に大変だと感じることも多々ありました。私は悩みごとを一人で抱え込みがちだったので、悩んだ時は人に相談したり、時には飲みに行って気分転換をしていました。結果的に最後まで仲間と助け合いながらゴールできたので良かったと思います。やっておけばよかったことは、何よりも徹底した自己分析です。就活をするなかで多くの優れた学生と出会いましたが、共通していたことは自己分析をしっかりと行い、自分自身をきっちりと客観的に見れている、ということでした。

思い立ったことは悩まず行動に移す
私が心がけていたことは、思い立ったことは悩まず行動に移しておくということです。後から振り返ったときに、人生の大きな分岐点になるはずの就職活動で、やらなかったことを後悔したくないと思ったからです。また、やっておけばよかったと思うことは、日頃からニュースを見ることや新聞を読む習慣をつけることです。就職活動の時期だけでなくその前から情報収集を習慣づけておけば、より幅広い知識や見識を深めることができたはずだと思いました。

Q. 就職活動をする学生へ、メッセージを。

本当の自分の姿をアピールして
ヨックモックの選考は、自分の本当の姿を見てもらえるものだと思いました。なので、自己分析やアピールしたい強み、それがどのような形で企業に貢献できるのかを考えて臨めば、面接する方々が必ず良いところを引き出してくれます。選考中はいつも話しやすい雰囲気だったので、緊張しながらもとても楽しかったと記憶しています。就職活動中は不安や焦りがありますが、今振り返ると2度とない貴重な経験だなと思います。笑顔で頑張ってください!

何ごともポジティブに捉えて楽しんで
就職活動は、自分を見つめ直す良い時間でもあるので、マイナスに考えすぎず何事もポジティブに考えると余裕が持てると思います。やっぱり笑顔は大切です!自分自身もリラックスすることができます。選考は緊張しますが、楽しもう!という気持ちで挑むと一瞬で終わります(笑) 自分らしさを伝えられるように頑張ってください!

コーディネイター(販売職)

2018年度入社予定の内定者に、ヨックモックへの思いと就職活動について聞いてみました。
内定者たちがどんな思いで活動し、どんなことを経験したのか。
ヨックモックに入社を決めた最大の理由は何だったのか。
みなさんへのアドバイスは?など、ためになる話がいっぱいです。ぜひ参考にしてください。

Q. ヨックモックの選考を振り返って。

多くの社員に会うなかで、働くイメージがついた
選考は常に穏やかな雰囲気でした。また、説明会やグループディスカッションの後、社員の方々と話す機会を多く設けてくださっていたことが、とても印象的でした。どんな質問にでも詳しく答えていただき、不安や疑問が解消され、働くイメージがつきやすかったです。面接後のお電話でも、良かったところを教えてくださったり、すれ違った社員の方が話しかけてくださったり、とても優しい方が多く、自分もこの方々と一緒に働きたいと強く思いました。

選考で、こんな仲間と働きたいと思う人たちに出会えた
説明会や選考中で社員の方と話す機会が多く、一人ひとりに向き合ってくれたので、選考が進むにつれ、この会社で働きたいと強く思うようになりました。そして、グループディスカッションで他の就活生の方と共に選考に臨み、こんな仲間と一緒に働きたいなと思ったときに、一番志望度が上がりました。

Q. ヨックモックへの入社の決め手は?

経営ビジョンに共感した
経営ビジョンの「お客様に信頼され、喜びと感動を差し上げられる企業」という部分が、「自分が幼い頃にシガールを食べて感じたような感動を、より多くの人に広めていきたい」という私の想いと合致していたからです。今後働く会社を選ぶ際に、これからを見据えたビジョンが自分のやりたいことと同じなら、長く続けていけると感じましたし、努力することを楽しめると思ったからです。

顧客起点を大切にしているところに惹かれた
顧客起点でお客様の声に耳を傾けているところが素敵だと思いました。ニーズに合わせ、海外進出や新ブランドの立ち上げなど、本当にお客様を大切にしているのだと感じました。また、いつも変わらないおいしさや安定感を守りつつも、 “鮮度のある”定番ブランド作りを私も一緒にさせていただきたいと思い、入社を決めました。

Q. 入社後に挑戦したいことは?

お客様の気持ちに寄り添い、お菓子を通してお客様に笑顔をお届けしたい
お菓子を買う瞬間のお客様の気持ちはきっとそれぞれで、感謝の気持ちを伝えたい方もいれば、逆に謝罪の気持ちを伝えたい方もいらっしゃると思います。ただ、どんな気持ちであれ、相手に気持ちを伝えることはとても勇気が必要です。私たちコーディネイターは、お客様の気持ちに寄り添いつつ、その勇気を出すお手伝いが間近でできる存在だと思っています。自分の接客やお菓子を通して、お菓子を買いにいらっしゃったお客様、そしてそのお菓子をもらう方にも、笑顔をお届けしたいです。

周囲の人に目標とされる人になりたい
関わる方々に、「こんな人になりたい」と感じてもらえるような人になることです。コーディネイターはお菓子を通して、お客様はもちろん、店舗のスタッフ、営業などの社内外の多くの方とも関わっていく仕事なので、お客様に良い影響を与えられるようになるだけでなく、一緒に働く方に目標とされるような人になりたいです。

Q. これまでの人生において力を入れて取り組んだことは?

部活のリーダーとして、部活を支えるまでに成長した
大学ではワンダーフォーゲル部で登山活動に打ち込んでいました。入部した頃は先輩に甘えてばかりいましたが、自分が先輩という立場になり、部を支えたいという想いから、10泊にも及ぶリーダー養成のための登山合宿に挑戦しました。土砂降りの雨の中、2時間以上歩かなければテント場にたどり着けないこともある過酷な環境でしたが、この合宿を乗り越えた結果、リーダーとして部員一人ひとりと向き合いながら部の活動を支えることができるようになり、周囲の期待以上に成長できたと感じています。

現状の課題を捉えた提案で、アルバイト先の売上アップに貢献
パン屋のアルバイトに力を入れていました。パンは単価が低いため、売上に大きな変動はありません。しかし、より良いアプローチをすることで売上が上がると考えました。そこで、季節のオススメ以外にもパンの詳細を書いたPOPを作り、日替わりでレジ横に置くことを提案して実施したところ、お客様の目に留まり購入を促すことができました。他にも、様々な工夫と提案をした結果、売上を20%伸ばすことに成功しました。

Q. 就職活動において心がけていたこと、工夫していたことは?

視野を広く持ち、様々な業界を調べた
視野を広く持つことを心がけました。就職活動を始めた最初の頃は、業種・業界を絞らず求人票を見て少しでも気になる企業があれば説明会に参加しました。その後少しずつ業種を絞り、同じ業種の会社を複数比較していくと自分の理想に近い、素晴らしい企業に出会うようになりました。また、多くの説明会に参加して判断していったので、後悔なども生まれませんでした。

周囲のたくさんの人に他己分析をお願いした
たくさんの人に他己分析をしてもらったことです。親や学校の友達以外に、アルバイト先の方から幼馴染まで幅広く意見を聞きました。自分では気づけなかったようなことを教えてもらえたり、他人からどう見られているか客観的に捉えることができたりしたので、とても参考になりました。

Q. 就職活動をする学生へ、メッセージを。

自分らしく、諦めずに頑張って
就職活動は誰のものでもなく自分の将来を決めるためのものです。緊張していても自分らしく選考に臨めば、必ず向き合ってくれる会社が見つかります。失敗はたくさんあると思いますが、それでも諦めずに続けてみてください。努力は必ず実ります。そして業界や企業は幅広く見てみてください。自分が思いもしなかったところに興味を持つかもしれません。そしてたまには息抜きをして、就職活動を頑張ってください!

自分自身と向き合って、納得のいく就職活動を
私は就職活動を通して自分自身を深く知ることができました。これから何をやって人生を過ごしていきたいのか。どうありたいのか。自分自身について長い時間をかけて考えることが今までなかったので、とても良い経験になりました。就職活動は不安になることも多いかと思いますが、これからの人生に大きく関わる大事なことなので、早く終わらせることを考えずに、ゆっくり自分自身と向き合っていってほしいと思います。企業の面接では、深く人柄を知るために多くの質問を受けるので、それに答えられるように、自己分析をしっかり行なうことが重要になってくると思います。納得のいく就職活動ができることを祈っております。頑張ってください。